ネットスーパーの進化!魅力や「店舗型」と「倉庫型」の2つの違いとは?

公開日:2024/05/15  

店舗か倉庫

ネットスーパーは買い物に行かなくても自宅まで届けてくれる、現代の生活において多彩なメリットを持つサービスです。その理由から首都圏の利用者数も順調な拡大を見せ、注目を集めています。この記事では、ネットスーパーの魅力と歴史を振り返りつつ、店舗型と倉庫型といわれる2つの形態とその違いについて解説します。

ネットスーパーの魅力

ネットスーパーは、生鮮食品などを扱う実店舗を持つスーパーチェーンが展開するインターネット注文サービスで、最短で当日中に商品を受け取ることが可能です。このサービスには、忙しい現代の生活において、非常に魅力的なポイントが詰まっています。

まず最初にあげられるのは、24時間いつでもどこでも注文可能な点です。従来のスーパーは営業時間にしばられていましたが、ネットスーパーは仕事や家事に追われるなかでも、自分の都合に合わせていつでも商品を注文できるため、利用者にとっては大変便利です。

また、重い荷物や大量の買い物を運ぶ手間が省けるのも大きな魅力の一つです。生鮮食品や飲料などの重たい商品を買う際、通常のスーパーでは買い物袋を持って帰るのが一苦労です。しかし、ネットスーパーでは注文した商品が自宅まで届けられるため、買い物の手間が大幅に軽減されます。

さらに、定期的な配達や予約配達ができる点も、ネットスーパーの利用者に重宝されています。特定の商品を毎週定期的に購入したり、希望の時間に商品を受け取れるため、スケジュールに合わせた買い物がしやすくなります。

一方で、配送料が約300円~500円程度かかることがありますが、一定額以上の購入で無料になるのが一般的です。首都圏では、約10%~15%の人が3ヶ月に1度はネットスーパーを利用しており、利用者数は順調に増加しています。

ネットスーパーの歴史と幅広い商品数

ネットスーパーは2000年ごろ実験的にスタートし、その利便性もあり2007年ごろから本格的な普及が始まりました。大手スーパーから地方の小売店まで、さまざまな規模のネットスーパーが登場し、消費者に新時代の買い物システムを提供したのです。

初めのころは、生鮮食品の取り扱いがメインで運営していたとされています。利用者は野菜や肉、魚などの生鮮品を手軽にネットで注文でき、これがネットスーパー普及への大きな足がかりとなりました。

そして、顧客の需要拡大に伴い、品揃えも急速に拡充していきました。2007年以降、ネットスーパーは次第に日用品や雑貨、家庭用品などの商品カテゴリーを増やし、その結果として、商品点数は7,000点~8,000程度にまで膨れ上がりました

これにより、利用者はひとつのネットスーパーで幅広い商品を手に入れられるようになり、日常の買い物が一気に便利になりました。大手スーパーや地元の小売店が参入するなか、さらに競争は激しくなり、各ネットスーパーは差別化を図るために独自の商品戦略を展開しています。

とくに、季節限定商品やオーガニック食品、輸入品など、従来のスーパーではなかなか手に入りにくい商品も幅広く提供されています。こうしたスーパー側の企業努力のおかげで、消費者はより多様な選択肢を手に入れ、今まで以上に充実した買い物を楽しめるようになったのです。

「店舗型」と「倉庫型」の特徴

ネットスーパーは、「店舗型」と「倉庫型」の2つの主要なカテゴリーに分類されます。それぞれが異なる特徴を生かした独自の利点を、利用者に提供しています。

店舗型タイプ

店舗型のネットスーパーは、実店舗が中心となる形態です。このタイプでは、注文が入ると実際の店舗からスタッフが商品をピックアップし、直ちに配送が行われます。この工程により、当日中の配送が可能となります。

そして、店舗型のネットスーパーは品揃えや商品の新鮮さにおいても、地域密着型のスーパーと同等の信頼性を誇ります。顧客の多くがその店舗の近隣に暮らしており、実際の店舗も利用している場合が多いため、地域住民にとっては親しみやすく安心感があるでしょう。

倉庫型タイプ

倉庫型のネットスーパーは、倉庫で商品を集中管理し出荷します。このタイプでは、在庫が豊富で多様な商品を取り扱うことができ、配送エリアも広範囲に及びます

在庫切れの心配が少なく、多様な商品を効率的に取り扱えるため、利用者は幅広い商品の選択が可能です。ただし、その一方で当日配送は難しく、一般的には翌日以降の受け取りになることが多いです。

また最近では、店舗型と倉庫型のハイブリッド型も登場しており、店舗と倉庫の両方の利点を組み合わせ、ユーザーにより柔軟な選択肢を提供しています。顧客の住所をもとに、ベストな場所から商品を出荷してくれます。

まとめ

ネットスーパーは24時間いつでも利用可能な利便性、荷物運びの手間の軽減、定期的な配達や予約配達が可能など、忙しい現代人に向けた魅力が満載です。配送料も一定額以上の購入で無料になり、首都圏では利用者が増加しています。歴史的には生鮮品中心からスタートし、2007年以降は商品数を日用品や雑貨も含む7,000点~8,000点にまで拡大しました。そして、ネットスーパーは「店舗型」と「倉庫型」の2つの形態に分かれ、店舗型は即日配送で信頼性があり、地域密着型が魅力です。一方、倉庫型は在庫が豊富で幅広い商品を提供し、多様な選択ができます。ネットスーパーは進化を続け、利便性と多様性がユーザーに新しい買い物の形をもたらしています。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

ネットスーパーは買い物に行かなくても自宅まで届けてくれる、現代の生活において多彩なメリットを持つサービスです。その理由から首都圏の利用者数も順調な拡大を見せ、注目を集めています。この記事では

続きを読む

ネットスーパーは、新生児のお世話に追われる子育てママにとって魅力的なサービスです。子育て中の家庭には、できるだけ予算を抑えながらも便利に活用したいという要望もあるかもしれません。この記事では

続きを読む

会社名:カスミ(KASUMI) 住所:茨城県つくば市西大橋599-1 電話番号:0120-371315(お客様相談) カスミは茨城県つくば市に本社を置くスーパーです。1961年に霞百貨店の関

続きを読む

外出が難しい時こそ、ネットスーパーが頼りになります。この記事では、忙しい日常や健康上の理由で外出が難しい時に、ネットスーパーが提供する便利さとそのメリットについて詳しく解説します。食料品から

続きを読む

子育て中の忙しいママたちは育児のほかにも、家事に仕事にと毎日こなすべきことが山ほどあります。その中でもとくに買い物は、子どもの機嫌や時間との戦いで毎回大変です。そんな忙しい毎日を少しでも楽に

続きを読む

ひとり暮らしを始めると、さまざまな家事をすべて自分でこなす必要があります。とくに買い物は、生活のなかで欠かせません。しかし忙しいなか、スーパーまで足を運ぶのは手間に感じるものです。そんななか

続きを読む

近年、ネットスーパーの知名度はとても認識されるようになり、色んな生活スタイルの方が使用できる魅力的なところや注意点をまとめてみました。また、家にいても簡単に買い物ができるようになりましたので

続きを読む

ネットスーパーの利用が増える中、冷凍食品やアイスクリームの注文は可能なのでしょうか。暑い夏の日、届いた荷物を開けてみると、アイスがとけてしまっている…なんて経験を避けたいものです。ネットスー

続きを読む

ネットスーパーは近年のテクノロジー進化と共に多くの家庭の生活に根付いてきました。しかし、その利便性や効率性を求めてこのサービスを利用する人たちがいる一方、まだ利用を踏み込むことをためらってい

続きを読む

ネットスーパーは、忙しくても気軽に欲しい品物を選び、自宅に届けてもらえる便利なサービスです。このサービスを利用する人は多いですが、中には受取りの手間を気にして使わない人もいるでしょう。この記

続きを読む